Home > スポンサー広告 > Goin' Back

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/92-38677bd7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Kind of Transparency

Home > スポンサー広告 > Goin' Back

Home > music > Goin' Back

Goin' Back

  • Posted by: atollblue
  • 2012-10-27 Sat 00:35:05
  • music

IMG_PA244468.jpg




この日、グラウンドには幼稚園児が集まっていました。
来年、小学校に上がる市内の年長組のオリエンテーションだそうです。
えっ!これで全部?
幼児は身体が小さいので、密になって集合すると、人数が多くても小さなカタマリになってしまうのだそうです。




IMG_PA244501.jpg




子供が小さかった頃、この丘に初めて来た時、空にはトンボの群れ、原っぱにはバッタが飛び交っていました。
まだ人に知られず、整備されて間もない頃でした。




IMG_PA244520.jpg




海側を見下ろすと、モヤったように写ります。
空気のマジックですね。




IMG_PA244596.jpg




栃の木です。




♪   ♪   ♪






40年も前に、人に上げてしまって手元にはないのですが、このジャケット、良いです。
長閑(のどか)とも、とぼけているとも言えるのですが、さり気ないユーモアと大らかさが、好きです。

曲は、Gerry Goffin と Carole King のコンビによる’66年の作。
イギリスで Dusty Springfield が歌ってヒットしました。

一見、単純に昔を懐かしむと言った内容ですが、抽象度は高く、すでに始まっていたカウンターカルチャーの影響もあるようです。
歌詞の最後 catch me if you can などは、そういった事と同時に、その後離婚する作者二人の関係もしのばれ、感慨深いものがあります。

キャロルキングはその後、カウンターカルチャーの波をくぐり抜け、’70年代になってから、シンガーソングライターとして、傑作 "Tapestry" を出す事になります。








 
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/92-38677bd7
Listed below are links to weblogs that reference
Goin' Back from A Kind of Transparency

Home > music > Goin' Back

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。