Home > スポンサー広告 > duet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/9-b485f4e5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Kind of Transparency

Home > スポンサー広告 > duet

Home > 未分類 > duet

duet

  • Posted by: atollblue
  • 2010-05-19 Wed 14:21:33
  • 未分類
男女のデュエットです。

ラジオから流れてきたとき、
男声の方はアンドレア・ボチェッリであろうと察しは付きましたが、
女声の方がわかりませんでした。

澄んだ声はボチェッリの声質によく合っていて、絡み方も自然。
誰?.... 誰の声?.... ラテンの人?..........

結局、最後までわからず。
曲後に知らされたのは、想像もしなかった意外な人でした。










・最近読んだ「嵐の夜の読書」の中で池澤夏樹は、「詩や音楽で良いものに出会うと、つい人に紹介したくなってしまう・・」というようなことを言っています。

・同感です。

・というよりむしろ、創作のプロでさえ例外ではなく、誰にでも訪れる普遍的な衝動(または誘惑)ということなのでしょう。

・YouTubeなどのコンテンツで、既製の楽曲を音源として使ったものは、そのほとんどが著作権に対してデリケートな立場にあると考えています。

・しかし、そのコンテンツupの動機は「良いものに出会い、それを人に知らせたい」という善意に基づくものだと理解します。

・そのようなコンテンツへのリンクは、とりあえずは、今回のようにあまり深くは考えずというスタンスで臨んで行きたいと思っています。

・リンク先のコンテンツが削除された場合は、それを著作権者の意向の表明としてとらえ、その意向を尊重しようと思います。

・但し、その「意向」の意味は、「削除したいという著作権者の意志」という一義に限ります。


・4月8日エントリーの茨木のり子の詩二編は、著作権者の方から許可を頂いてあります。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/9-b485f4e5
Listed below are links to weblogs that reference
duet from A Kind of Transparency

Home > 未分類 > duet

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。