Home > スポンサー広告 > Mt.Fuji

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/42-22a69aab
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Kind of Transparency

Home > スポンサー広告 > Mt.Fuji

Home > 未分類 > Mt.Fuji

Mt.Fuji

  • Posted by: atollblue
  • 2011-05-13 Fri 23:55:22
  • 未分類
このロケーションで、この山は、以前からよく写真に撮ってきた。
その意味では今回もごく変哲のない写真だが、この日撮った写真として、残しておこうと思う。



IMG_4253.jpg



今日は南西の風が強く吹き付けた。
吹き付けてはいたが、心地良かった。
適度な温度と湿度、新緑の息吹が、そう感じさせるのだろう。


「吹き付ける風に割れる記憶の壺」*記憶曖昧 :-)‥‥と書いたのは、高校の先輩にあたる詩人だった。
記憶の容器がカラカラと砕け散り、詰まっていた無数の記憶のかけらが、風に乗りちりぢりになって彼方へと飛んで行く。
そんなイメージが浮かんでくる。


この山のもとに私の郷里はある。わたしはそこで生まれた。

IMG_4255.jpg



Asha Puthli の1stアルバム "Asha Puthli"(1973) から。
オリジナルのグラディス・ナイトの歌も素晴らしいが、私個人は、このカバーはそれを越えていると思う。
1stアルバムには、以前紹介した This Is Your Life も収められ、これら2曲があるだけでも十分に傑作アルバムに値する。
紹介する動画は、当時私も見た記憶のあるPVだが、テープの保存状態が悪いのが、なんとも残念。

プロデュースとアレンジは Del Newman 。
特に、ストリングアレンジメントは秀逸。彼は当時、Scott Walker や Cat Stevens でも優れた仕事をしていた。
才人。その後、エルトン・ジョンの Goodbye Yellow Brick Road も手がけている。

Asha Puthli については、またいつか詳しく :-)


・画像をクリックで YouTube に跳びます。

20110514151413d31_1.jpg

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/42-22a69aab
Listed below are links to weblogs that reference
Mt.Fuji from A Kind of Transparency

Home > 未分類 > Mt.Fuji

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。