Home > スポンサー広告 > Amy's Theme

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/20-1145e632
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Kind of Transparency

Home > スポンサー広告 > Amy's Theme

Home > 未分類 > Amy's Theme

Amy's Theme

  • Posted by: atollblue
  • 2010-11-28 Sun 15:33:52
  • 未分類
ラヴィン・スプーンフルの曲です。彼らの曲の中でも日本ではほとんど知られていないと思います。フランシス・フォード・コッポラ監督の初期の作品 "You're a Big Boy Now"(1966年)の挿入曲です。この映画自体が日本版WikipediAのコッポラの項目に載っていないくらいですから...。米国では、この映画は「卒業」とともに、次に来るカウンターカルチャー的感性の先駆けの例として評価が定着しているようです。


成り立ちからしてもイージーリスニング的雰囲気ですが、ロック的エッジ感は残っていると思います。作曲・ハーモニカはグループのリーダー、ジョン・セバスチャン。









私はこの曲を高2の頃、ニック・デカロの1stアルバムで知った。

HAPPY HEART_2

・9番目の曲。日本語タイトルは、ちょっと恥ずかしいかも。
・ハーモニカは、トミー・モーガン

ニック・デカロはこのアルバムの後、編曲者・アコーデオン奏者として西海岸の多数のロック系アーティストの作品を手がけるようになる。そのようにロックを経過して、1974年2ndアルバム "Italian Graffiti" を出す。傑作だったが、結局その筋の音楽ファンにしか知られず時は流れ、1990年代になって日本でブレイクすることとなった。私としては、 知られざる傑作のままでいて欲しかった・・・かな? :-)



スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/20-1145e632
Listed below are links to weblogs that reference
Amy's Theme from A Kind of Transparency

Home > 未分類 > Amy's Theme

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。