Home > スポンサー広告 > 西風の幻の鳥よ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/17-75ec233f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Kind of Transparency

Home > スポンサー広告 > 西風の幻の鳥よ

Home > 未分類 > 西風の幻の鳥よ

西風の幻の鳥よ

  • Posted by: atollblue
  • 2010-09-15 Wed 23:57:03
  • 未分類
一昨日は、午前の南風から午後の西風へ、風の向きが変わった。

北へ随分と押し上げられていた偏西風が、ようやく列島近くに南下してきたようだ。
とにかく、季節は、一昨日の真ん中あたりで大きく舵を切った。



IMG_2835.jpg

追記 9月19日(写真1点)・・この日、空に幻の鳥を見た。確かに :-)




1972年冬、私は「西風の幻の鳥よ」(諏訪優 著)という短編集を読んでいた。

その中に、蝋燭(ろうそく)の焔(ほのお)を食べる少女の話があった。
決してオカルトの話などではなく、幻想的、というよりむしろ夢想的という言葉がふさわしい内容だった。

その最後に、物語が、ガストン・バシュラールの「蝋燭の焔」という著作にインスパイアされ、出来上がったことが記されていた。
私は初めて、バシュラールという哲学者の名前を知った。

バシュラールは、近代という枠組みのなかで従来的に使われてきた「客観的」「科学的」といった言葉の呪縛から人間の「想像力」を解き放った哲学者だった。



最近(1~2年前)になって知ったのですが、バシュラールをモデルにした絵本がシリーズなどで出ていたようです。
バシュラールの風貌の特徴をよく捉えていて、思わず微笑んでしまいます。
(現在は、そのほとんどが新品では入手し難くなっているようです)

ph012_1.jpg

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/17-75ec233f
Listed below are links to weblogs that reference
西風の幻の鳥よ from A Kind of Transparency

Home > 未分類 > 西風の幻の鳥よ

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。