Home > スポンサー広告 > Smile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/128-4b8dc61d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from A Kind of Transparency

Home > スポンサー広告 > Smile

Home > life > Smile

Smile

  • Posted by: atollblue
  • 2014-06-09 Mon 00:33:07
  • life

P3218801.jpg




義母が亡くなり、四十九日の法要が過ぎ、さらに何日か経った。

孫のなかで、息子だけが、義母の臨終に立ち会うことができた。
それは、息子にとっては幸いであった。
立ち会えたのは、たまたま幾つかの偶然の重なりのようでもあったが、
私には、義母は息子が来るのを待って、息を引き取ったかのようにも見えた。

ICUの機器に囲まれ、義母のベッドの横で、息子は無言のまま涙を流した。
頬を伝い、ぽろぽろと涙がこぼれ落ちる。

悲しみの時、息子は声を出さずに涙を流す。
小さい頃から、そうだった。
無言であることにより、却って、悲しみは深く伝わる。
私の悲しみに、息子の悲しみが重なり、胸の中はじんわりと重さが増してくる。




P5229526.jpg




娘は、遅れてヨーロッパから帰ってきた。
通夜の前日に、棺となった祖母と再会し、一週間ほど日本にいて再びヨーロッパに戻って行った。
先日来たメールには、最近ひんぱんに夢の中におばあちゃんが出てくる、とあった。

娘が小学一年の時、担任から・・○○ちゃんは、周囲をなごませる力を持っています・・と言われた。
これはおばあちゃんから受け継いだDNAだな・・・私は思った。
義母の通夜には、八百人を越える人々が参列した。







♪   ♪   ♪






天上にいるマイケルに
自然と smileを送りたくなるような
心なごませる笑顔に PVはあふれていて

悲しみに沈むより smileで
向こうに行ってしまった人たちに
臨む

そのほうが ステキだ








スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://atollblue.blog116.fc2.com/tb.php/128-4b8dc61d
Listed below are links to weblogs that reference
Smile from A Kind of Transparency

Home > life > Smile

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。