Home > 2013年03月

2013年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

The Faintest Sign

  • Posted by: atollblue
  • 2013-03-08 Fri 00:08:21
  • life
三月になっちゃいましたね。
あっという間に一月、二月と過ぎてしまいました。

その、過ぎてしまった「二月」。
各月と比べても、当てられた日数が28日(29日)と不当な扱いを北半球的な発想により受けているのですが、
私は割とその後半、とくに20日過ぎあたりからの光と空気の感じが好きです。
かすかな期待をふくんだ淡い光と空気。

例えば斜光の射す午後の古い喫茶店。
店内にかすかに届く、子供たちの遊び声。
柔らかくなつかしい光のひろがり。ゆるやかな時の流れ。
まるで遠い記憶のなかの、同じ感触の場所に居るかのような。

そんな不思議な浮遊感は、この時期に訪れることが多い。

今は三月。
ひかりも空気も、もう少しメリハリが利いてます。



IMG_/P3076057.jpg






♪   ♪   ♪




















Being a Flower

  • Posted by: atollblue
  • 2013-03-24 Sun 00:27:06
  • life

IMG_/P3176213.jpg



季刊誌で石原吉郎の詩、「花であること」を見かけた。
いまどき石原吉郎とはめずらしい。
が今は花の季節なのだ。

40年ほど前、高野悦子「二十歳の原点」でこの詩人を知った。
「花であること」は、当時それほど深く理解できていたとは言いがたい。

今、再び読み返してみると、染みるように理解できる。
シベリア抑留という過酷な体験からの生還。
その後、石原は、このような詩作を重ねる事によって、自身の失われた情緒を再び獲得して行ったのではないか。

別の言い方をすれば、この詩は、私が今まで思っていたより遥かに抒情的であった。
以前は、その最後の一行によって ”硬質感” のみが詩の全体を支配している印象だったのだが・・。




花であることでしか
拮抗できない外部というものが
なければならぬ
花へおしかぶさる重みを
花のかたちのまま
おしかえす
そのとき花であることは
もはや ひとつの宣言である
ひとつの花でしか
ありえぬ日々をこえて
花でしかついにありえぬために
花の周辺は的確にめざめ
花の輪廓は
鋼鉄のようでなければならぬ



石原吉郎   「花であること」






♪   ♪   ♪










Index of all entries

Home > 2013年03月

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。