Home > 2012年09月

2012年09月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Moonbeams

  • Posted by: atollblue
  • 2012-09-02 Sun 15:34:59
  • life
一昨日(8月31日)の夜は満月でしたね。


ということは、8月は二回満月が巡ってきたというコトであり、その二回目の満月を Blue Moon と言うのだそうです。
知りませんでした。
(もともとは、様々な意味があるようですが)


ブルームーンとは言っても、一昨日の月は、それ自体は白く光り、むしろ周りの空や、雲、そして部屋に射し込む光などが、青く輝いているようでした。
ま、普通に、晴れた満月の夜って、そんな感じなのですが。(笑)


この夏は、生活の場ではエアコンを使っていません。
夜も窓を開け放ち、扇風機を柔らかい風にして寝ています。
この夜は、差し込む青い月の光を感じながら、気持ちよく眠ることが出来ました。


そして昨夜は、雨。
大地も樹木も建物も私の身体も、総てから、火照りが少しずつ引いて行ったような感じです。





IMG_4838.jpg





写真は去年の夏、コンデジで撮ったものです。

夜景と共に鮮明な月を撮るのは、特に私のようなシロウトには難しく、手持ちのハード的にも、このような明るさの残る空は最低限必要なのですが、
この時は、ドライブ中にたまたま最適な時刻と場所が重なった、と思われた(笑)・・・という訳です。


この撮影位置から20mほど標高の高い場所にかつて住んでいました。
戦前の芸能界でスーパースターだった方の別荘で、その未亡人のご厚意で無料で住まわせて頂きました。
千坪余りの土地に、数寄屋造りの住居と、別に茶室があり、十数年間のそこでの生活は、私達家族にとって掛け替えのない経験の宝物となっています。






♪   ♪   ♪






チェット・ベイカーの歌は私は苦手ですが、トランペットの方はそれほどでもありません。
バックのサポートが非常に安定しています。
特にアル・ヘイグは、後年の名作 "Invitation" に比べ、30代とあって、瑞々しく、より繊細です。







同じ曲をステイシー・ケントで








 

R.I.P. Hal David

  • Posted by: atollblue
  • 2012-09-03 Mon 21:16:48
  • music
作詞家 ハル・デイヴィッドが9月1日、91歳で亡くなりました。



IMG_Hal.jpg




私は、高校時代、クラシックもジャズもロックも聴きましたが、一番多く聴いたのは、バート・バカラックの曲でした。
バカラック・フリークだったと言ってもよいかも知れません。


「明日に向かって撃て」が封切られた初日、学校をサボって見に行ったりもしました。
もちろん、サントラも買いました。
確か、サントラの方が先に出ていたと思います。


そのバカラックが一番良い仕事をしたのは、60年代から70年代にかけ、ハル・デイヴィッドと組んでいた時期です。
その多くは、曲が先にできたようですが、バカラックもハルの詞から、多くのインスピレーションを得ていたのではないでしょうか。


ご冥福をお祈り致します。









 

Index of all entries

Home > 2012年09月

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。