Home > 2012年07月11日

2012年07月11日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Boson

  • Posted by: atollblue
  • 2012-07-11 Wed 01:12:29
  • life
先週は、ヒッグス粒子発見のニュースが駆けめぐりましたね。
折しも七夕の週、ミーハーな私は、しぜんと宇宙に思いが向かってしまいました。


発見の舞台となったのは、欧州合同原子核研究機構(通称 "CERN")。
ここは映画「天使と悪魔 」(ANGELS & DEMONS)の冒頭の重要なシーンでも出てきましたね。
加速器によって反物質を誕生させるという緊迫したシーンでした。
しかし、現実の方は、特に専門家の目ですれば、おそらく映画以上にドラマチックな展開だったのでしょうね。


その劇的な度合いの高さは、かねてから予測されながらも、実証が難しかったヒッグス粒子の存在を、99.999%の確率精度で実証した点にあるようです。
そして、その成果には、日本の先端技術が大いに貢献しているようなのです。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1401J_V10C10A4000000/


CERNの巨大な検知器の画像です。(私の撮影ではなく・・笑、Webからの借り物で申し訳ないのですが・・)





IMG_CERN1.jpg




IMG_CERN2.jpg






浜松ホトニクスの技術は、かつての「カミオカンデ」でも使われ、小柴さんをノーベル賞に導いたようです。
画像は、カミオカンデの後継として稼働している「スーパーカミオカンデ」の検知装置です。





IMG_CERN2.jpg








♪   ♪   ♪







この曲を上げたのは、直喩として "Star" が使われているという、ただそれだけの理由からです。 (笑


Corinne Bailey Rae は至福の表情を浮かべて歌っています。
実際この頃、アルバムはヒットし、まだ20代と若く、そして美しく、才能があって・・・と・・絶頂の時期だったのですが、
このあと、愛する夫の死によって彼女は、深い海の底へ沈んで行くことになります。


しかし、長いブランクの後、再び浮上してきた彼女は、"The Sea" という深い精神性を湛えたアルバムを出すことになります。


このライヴ音源は 今の季節よりも むしろ 秋から冬への境の頃 日没時の澄んだ空を眺めながら聴くと 時は沁みるようにゆっくりと流れ わたし的には 良かったりします。












 

Index of all entries

Home > 2012年07月11日

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。