Home > 2012年06月

2012年06月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Tokyo Copywriters' Street

  • Posted by: atollblue
  • 2012-06-03 Sun 00:19:50
  • life
FM放送のこの番組に出会ったのは、四年前の二月だった。
その時の状況は良く覚えている。

街が暗くなりはじめた黄昏れ時、私は車を走らせ、いつもとは違ったFM局を流していた。
何気に耳に入ってきたのは、散文を朗読する落ち着いた女性の声、そして空気の流れを思わせる控えめのストリングスと、柔らかいピアノの音だった。

深く心の中に沈み込んで来る女性の声。
朗読された ことば・・・


五月 公園 花びら 風 高く 舞い 若葉 サラサラ 青く 走って 晴れた空


言葉のイメージがピアノの一音一音に乗り、柔らかく風のように運ばれて来る。

私は車の速度を落とし、夕暮れの街の灯りと鮮やかな信号の青を目にしながら、ハンドルを大きくゆっくりと左に切った。
街の風景が、ゆっくりと弧を描くように右に流れてゆく。



ターンの後  私の目のまえに広がったのは・・・

風が水のように流れる  五月の公園だった。






♪   ♪   ♪











Tokyo Copywriters' Street
http://www.01-radio.com/tcs/


ひなげし公園にて (小野田隆雄)
http://www.01-radio.com/tcs/archives/12352








 

Dark Shadows

  • Posted by: atollblue
  • 2012-06-11 Mon 07:31:55
  • movie

darkshadows.png






映画「Dark Shadows」を見てきた。
例によって、行き当たりバッタリ、「映画でも見よっか」という事で、映画館に行ってから、上映リストの中より適当に選んだ次第。

上映が始まると私はいつものごとく居眠りの中に落ちてゆくのであるが、今回は帰省している娘も一緒で、彼女につつかれて起こされた。
「おとーさんは、いつもだから・・」

という訳で、わりとまともに最初から最後まで見た。
「割と」としたのは、やはり途中で、ごく短い眠りが入ったからなのだが、これは家族に気付かれずにやり過ごしたと思う。

で、映画の方は、テンポが速くて飽きる事はない。
が、人によっては出来がユルイと感じるかも。

'70年前後の音楽が使われているので、そーいう世代には楽しめるだろう。
音楽はパロディ的なスタンスで用いられているのだが、その切り口の鮮やかさにおいては、イマイチ不足かも知れない。

映像は独特の美意識で貫かれ、きれいです。
撮影監督はブリュノ・デルボネル。
「アメリ」の撮影もこの人。

個人的には、Michelle Pfeiffer、Eva Green、Chloe Moretz、といった女優さん達を楽しめた。



印象に残った音楽の使われ所をいくつか。

・The Moody Blues「Night in White Satin」・・・物語の導入部で序曲的に使われ、ヴァンパイア映画の雰囲気盛り上げに貢献。

・Barry White「You're the First, the Last, My Everything」・・・Johnny DeppとEva Greenの絡み(言い換えれば)ヴァンパイアと魔女の絡みのシーンで使われ、まぁタイトルからしてよくぞこの曲を持ってきた、と。

・Steve Miller Band「The Joker」・・・曲ではなく、歌詞が主人公のセリフの中で効果的に使われた。






♪   ♪   ♪






Barry White の曲です。
映画とはまったく関係ナシで、あれですが・・・











 

Index of all entries

Home > 2012年06月

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。