Home > 2012年04月04日

2012年04月04日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Why can't we…

  • Posted by: atollblue
  • 2012-04-04 Wed 23:51:28
  • movie
旬な話で無くてなんですが、半月ほど前のこと。
たまたままとまったフリーな時間がつれ合いと重なったので、映画のレイトショーに行くことになった。
予めネットで見る映画を決め、車で50分ほどのいつもの所へ。
途中、峠を越えます。 笑


こんなふうに、気まぐれに映画に行きたくなった時は、本来見たい映画が見られるという訳ではない。
券を買って、入り口の改札のお兄さんに見る映画を告げるのだが、
つれ合いはそこで急に他の映画を見たいと言い出し、二人別々の映画を見ることになった。
私は「戦火の馬」、つれ合いは「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」。
まぁ、つれ合いの気持ちも分からないでもないな。
「シャーロック・ホームズ」の方は、その頃TVでがんがん宣伝やってたし、映画館のロビーでのポスターも面白そうだったしね。
むしろ、と言うか当然というか、私の方も心動いた。
しかし、、、ブレないのだ。 笑


開始時間はつれ合いの方が10分ほど早かったので、私もそちらの会場に入った。
その10分間は予告編の時間で、本編のタイトルが流れる頃に私は会場を移った。
・・・こんな事をしては、ほんとはいけないんだろうね。


「戦火の馬」の内容は、”それなり” でした。 笑
映画が終わって改札を出ると、ロビーでつれ合いが待っていた。


「どうだった?」

「悪くはないけど、いかにも まあまあ だったかな」

「そう・・」

「そっちは?」

「うん、おもしろかったぁ テンポが速くて 所々笑いもあって」



深夜、家に帰るとTVでは「ラースと、その彼女」" Lars and the Real Girl " という映画をやっていた。
出演者を含め、制作側に上品さを感じる。
地味だけど、柔らかに光る小さな宝石のような一編。
映画館の空間とは対称的な、生活空間での予期しない出会いだったので、よけいそのように感じたのかも。
しかし、見て損はないでしょう。
レンタルも出ているようです。お奨めです。


助演の Patricia Clarkson が魅力的だった。
彼女の出演した作品…もっと見てみたい…   :-)


あっ、つれ合いはさっさと寝てしまってました。




♪   ♪   ♪




紹介する曲は
Why can't we watch the movie together

ではなく…    笑
Why can't we live together






 

Index of all entries

Home > 2012年04月04日

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。