Home > 2011年12月

2011年12月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Autumn Leaves

  • Posted by: atollblue
  • 2011-12-04 Sun 13:39:39
  • music
「枯葉」といえば、私の中では、まず第一には作詞のプレヴェールで・・・
と来れば次は、イヴ・モンタンというのが連想の定番なんだろうけど、ここはやはりマイルスで。
ウィントン・ケリーでもビル・エヴァンスでもなく。



IMG_PB251861.jpg



とは言っても、今回はマイルスの話ではなく、プレヴェールの方。



IMG_PB171695.jpg



ジャック・プレヴェールの詩を知ったのは、高校の先輩にあたる大岡信の訳詩からだった。

サンギーヌ、祭り、劣等生、夜のパリ、花屋の店先で、葬式に行く二匹のかたつむり・・・・・
洒落て、機知に富んで、ちょっと不良で、抱擁やキスまでが陽光を帯びて香しく・・・
こういうのをエスプリって言うんだろうな、なーんて当時は・・・



IMG_PB211707.jpg




雨は空から降るんじゃない
 
鳥も僕らとおなじ地上の生き物


ここ数日のように冷たい雨の降る日や、6月のどうしようもない雨の時などに思い出すプレヴェールのフレーズ。
記憶に違いが無ければ、こちらは小笠原豊樹の訳。

当初、私にはこの詩が禅問答のようでもあり、良くわからなかった。
たぶん原文は、短い言葉が有機的に重なり合い、からみ合っているのだろうけれど。

でも、ある日、スッと作者の気持ちに同化できたような気がして・・・。
たぶん、錯覚なのでしょうが。(笑)



♪   ♪   ♪




紹介する曲、実は Les McCann の枯葉を探したのですが、どこにもありませんでした。
’67年のライヴハウス録音で、リラックスした客席の雰囲気や、大々センチメンタルな演奏がとても気に入っているのですが。

で、検索中に見つけた別の Les McCann を。
枯葉とか秋とかまったく関係なく、しかも、ほぼイージーリスニング。(笑)
でも、紙一重の所で踏み止まっているようにも見えます。
それは彼のピアノのソウルグルーヴがそうさせているのでしょう。

多才な人で、絵もやるようです。
ソウル歌手顔負けのヴォーカルが有名ですが、私はピアノの方が好き。
:-)






彼の絵が紹介されてます。
'60年の録音。




 

My Favorite Things

  • Posted by: atollblue
  • 2011-12-25 Sun 01:11:57
  • music

IMG_P9230608.jpg




9月終わり頃の一枚

雲の上の空が
水滴を含んで 水色に輝いていた



♪   ♪   ♪



Carole King のホリデイアルバムから

人には
my favorite things を想像できる
能力があって
それは希望する能力

そんな事に 今さら気付いて

彼女のピアノタッチは 率直で暖かく
"Tapestry" の頃から好き :-)


Play Iconをクリック



 

Index of all entries

Home > 2011年12月

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。