Home > 2011年03月

2011年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Kandinsky and Münter

  • Posted by: atollblue
  • 2011-03-03 Thu 22:24:17
  • art
三菱一号館美術館「カンディンスキーと青騎士展」(2010.11.23~2011.2.6)

主役はカンディンスキー
しかしバックグラウンドには ガブリエーレ・ミュンターの存在が常に意識され
彼女に対するキュレーターたちの愛を感じる展覧会だった

カンディンスキーは1903年~1914年の11年間 ドイツ人女性画家ミュンターと生活をほぼ共にした
とくに1909年~1911年はカンディンスキーにとって抽象画への道を一気に駆け上る時期であり
さらにその後の3年間は ミュンターを含む青騎士としての活動の時期だった

1908年のムルナウの発見も ミュンターがいなければあり得なかった
ムルナウはバイエルン・アルプス麓の小さな町
ムルナウの美しい自然は カンディンスキーとその仲間たちに多大なインスピレーションを与え
その後の彼らの作風の変化と実りを懐胎させた

第一次大戦(1914年)の勃発と共に 敵国人となるカンディンスキーは単身ロシアに帰る
その後 数年して若いロシア人女性と結婚する

ミュンターは数年間失意の底に沈む
その後 画業に復帰しながらも かたわら
膨大な数のカンディンスキーや青騎士仲間の絵画を ナチスからも守り通し
最晩年にそれらをミュンヘン市に寄贈した

この展覧会の主役は かつてはミュンターの元にあったそれらの絵画だった


☆      ☆


展示場では撮影が禁止されていた事もあり めぼしい写真ネタはほとんどありません
通路での光の反射がきれいだったので何枚も撮りました
バカみたいですね~
まぁ なんですが 捨てるのももったいないので
キャンベルのトマトスープ缶よろしく並べてみました 
さまざまな人が通ったということで・・・   :-)

展示場で ウレタン製の床に無数のヒールの跡が凹んで残っているのが面白かったです


IMG_3425IMG_3428IMG_3430IMG_3431IMG_3433IMG_3435
IMG_3436IMG_3439IMG_3441IMG_3443IMG_3445IMG_3449


順路標識にフランツ・マルクの「虎」(1912年)が借用されていました
ブレイクの詩の一節 "Tyger Tyger , burning bright ," を思い起こさせます


三菱一号館美術館
http://mimt.jp/

愛知美術館
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/

NHK日曜美術館
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2010/1205/index.html

IL VOLO

  • Posted by: atollblue
  • 2011-03-07 Mon 23:45:16
  • music
単なる思い付きですが プログレを紹介します。
正確な呼び名は プログレッシブ・ロックでしょうか。
イギリスの ではなくイタリアです。

IL VOLOの 1stアルバムです。
よく聴きました。
A面の一曲目から アルバム収録順に3曲お届けします。
プロレスでも見るような感じで 気楽に聴いて頂けたらと思います。





このアルバムはジャケットも気に入っています。
瞳の地球が しぶきを上げて回転しています。


La Mia Rivoluzione Il Calore Umano



もう一曲紹介します。
RDM(Il Rovescio Della Medaglia)のアルバム"Contamination"からの曲です。
英語圏向けに作られたアルバムのようで 英語で歌っています。
この曲だけ聴いていました。
ちょっとクイーンを思わせます。




 

Index of all entries

Home > 2011年03月

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。