Home > 2011年03月

2011年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

tsunami

  • Posted by: atollblue
  • 2011-03-12 Sat 02:16:57
  • 未分類


悪魔の黒い舌が、地を這いながら、恐怖や悲痛を呑み込んでいった。


私はそれを遠く鳥の目の高度で、静かに見ていたのが、何とも何とも悲しい。



 

All I can do now is hope that things get better.

  • Posted by: atollblue
  • 2011-03-16 Wed 01:01:26
  • 未分類
昨晩、息子から家人の携帯にtel.があった。
話しながら、家人は涙を流していた。


息子の友人が、昨晩(14日)現在、福島第一原発の現場にいるという。
現場から離れられないらしい。
上司の指示で緊急回線を使い家族に連絡し、それを彼の彼女が知人たちに知らせてきた。


彼と息子は、学部4年時に同じ研究室にいた。
その後、彼は同研究室の修士課程に進み、息子は他大学の院に入った。
そして、ともに昨春就職した。
前々から、彼が東電の原子力関係に進むことは息子から聞いていた。


学部卒業式の翌日、研究室の仲間が息子を気持ち良く送り出してくれた。
研究棟の前で、息子を囲む彼らの写真を撮った。
おだやかな春の日差しを浴び、笑って写る彼の姿を見るにつけ、私は目に熱いものが込み上げてくる。


たぶん、現場はある意味では地獄だろう。
次々と問題が迫ってくる。
現場には何人もの優秀な人材がいるはずだ。
報道ではなかなか伝わり難いだろうが、彼らは最大限の知恵と努力で、問題に立ち向かっているはずだ。
それが実を結ぶかどうかは分からない。いや、必ず乗り越えてほしい。


彼が頑張っているのだから、自分も頑張る、と息子は言っていた。

今はただ、事態が少しでも好転してくれる事を祈るのみ。


Index of all entries

Home > 2011年03月

Tag Cloud

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。