Home

A Kind of Transparency

Bird's Nest

  • Posted by: atollblue
  • 2019-05-11 Sat 11:21:55
  • art

鈴木まもる 展 「鳥の巣World」


鈴木まもるさんの個展
東京 新宿 「中村屋サロン美術館」
5月12日(日曜)まで
http://www.nakamuraya.co.jp/museum/exhibitions/2019.html

今回 巣の実物標本よりも
多数の絵画中心の展示になっています










新宿の真ん中だからなのか
伝統の中村屋サロンだからなのか
まもるさん 今回は
会場で裸足にはなってませんでした :-)

街中であっても 木に鳥の古巣を見つけると
(見つけること自体もすごいのですが)
裸足になってスルスルとよじ登り
巣を取ってきてしまいます

個展の情報
日にちがなくてスンマセン :-)








♪   ♪   ♪

















Reiwa in May

  • Posted by: atollblue
  • 2019-05-01 Wed 11:12:13
  • life
五月  Reiwa











私の月












遠く
...郷里









久々の更新
ネタ 少なく 言葉 少なく
:-)










♪   ♪   ♪


























Ashes to Ashes

  • Posted by: atollblue
  • 2016-01-17 Sun 23:51:51
  • music

P1160236.jpg





軌跡を残して
どこへ
落ちて行くのだろう





P1160231.jpg





椿の森へ?





P1150208.jpg





それとも
ツツジの茂みへ?





P1160220.jpg





いいえ
私のいる夕暮れの

この足元の宇宙の中へ







♪   ♪   ♪













この曲で それまでの自身(Major Tom)を葬り去ったBowie

今度は 近親者も立ち会わせず 火葬という形で

本当に宇宙の微塵となってしまった

R.I.P.






One Stormy Night

  • Posted by: atollblue
  • 2015-09-28 Mon 00:16:51
  • art

P9051784.jpg








9月初旬、久しぶりの京都。
きむらゆういちさんの「あらしのよるに」が歌舞伎化され、
京都南座で上演。
ご祝儀を兼ね、不肖私も、きむら組 :-) の一員として観劇に。

本舞台に近い花道の脇(”一ノ松”あたり)の席を、きむらさんは用意してくれていた。







P9281854.jpg







中村獅童の運動量たるや半端ではなかった。
一日二回公演の夜の部。
一回の公演だけでも相当なカロリー消費。

終了後、私たちとの記念撮影のため楽屋から現れた獅童さん。
ドーランを落とした顔には薄く汗が浮き、
まだ湯気が立つような体に、淡色厚手のバスローブをまとっていた。



舞台で印象的だったのは、中村獅童の繊細な一面。
以前から感じてはいたが、獅童の繊細さの表現は、彼の本質に由来している。
彼の亡き母が「あらしのよるに」の歌舞伎化を切望していたのは、
主人公「がぶ」役が息子にとって「はまり役」であるのを直感的に理解していたからではないのか . . . . .

そんなことを思いながら、楽屋口から夜の京の街に出た。










♪   ♪   ♪







京都に住んでいた頃 行きつけのジャズ喫茶があった
もちろん
めぼしいジャズ喫茶は 一応すべて行ったけれど

それが今ではほぼ無くなっている














Rainbow

  • Posted by: atollblue
  • 2015-09-21 Mon 00:35:10
  • life

P9181825.jpg







「虹が海から飛び出していたよ」

「ぼくは丘からジャンプしている虹を見たよ」

「あぁそうなんだよ ふたつは空で合体して
 丘と海を行ったり来たりしているのさ 光の速さで」

「ふ ~ ~ 〜ん」×2








♪   ♪   ♪








(雨上がりの虹のように)

新鮮で 

そのうえ 眠れなくなるような恋をしたい

と歌っています
















Index of all entries

Home

Tag Cloud

Return to page top